脳性麻痺児者の支援

上田法ってなに? 上田法と脳性麻痺の治療法

上田法ってなに?
こんな声を聴くことが多くなりました
現在更新している筋肉の記事に加えて、上田法を紹介するシリーズをはじめます

今回は上田法の概要を紹介します(^^)/

上田法の歴史

1988年に整形外科医である上田正が開発
脳性麻痺児者の痙性や過緊張を軽減させる方法として現在も用いられています

国内では九州や広島、愛知を中心に上田法インストラクターが存在し
講習会活動や日々の臨床業務に取り組んでいます
2010年からドイツを中心に海外にも技術提供を行っており
現在は「ドイツ」「韓国」「スイス」にて上田法講習会が開催されています

上田法のコンセプト

上田法の目的

筋肉の痙性や過緊張を軽減させる

上田法の概要

筋肉の痙性や過緊張状態にある筋を短縮位にし
拮抗筋に適度なストレッチを加える

上田法の利点

親による手技の取得が比較的容易
短い治療時間でも効果的

上田法の対象となる人

脳性麻痺
脳炎後遺症
過緊張を伴う症状を持つ人

上田法体験者の声

抱っこがしやすくなった
手が開きやすくなった
車椅子に座りやすくなった
         笑顔が増えた     などなど

上田法勉強会日程

2019年11月7日(木)@沖縄 『自宅でできるマッサージ教室』
2019年11月17日(日)@大阪『関西上田法勉強会』

興味のある方は下記よりLINE@よりお問合せ下さい(^^)/

プロフィール

健康相談お兄さん。

子どもから大人まで、しょうがいの有無を問わずに対応。

『生まれてから死ぬまで豊かに生活できるまちづくり』を目指す。

質問や相談、お仕事の依頼はこちらからお気軽に♪♪

友だち追加

YouTubeでストレッチ動画を投稿しています(^^)/