脳性麻痺児者の支援

脳性麻痺の尖足に対してのリハビリ1-3【痛くないマッサージ】

尖足に対してのマッサージシリーズです。
今回は太ももの後ろとお尻の筋肉に対してのマッサージ方法を紹介します。

脳性麻痺の尖足に対してのリハビリ1-3【痛くないマッサージ】

img_5253

【太ももの後ろの筋肉、ハムストリングスの説明 大腿二頭筋】

img_5255

みなさん、ハムストリングスという筋肉は聞きなじみがあるのではないでしょうか。サッカー選手が肉離れを起こしやすいところですね。
このハムストリングスも尖足の原因となる下腿三頭筋と筋膜で繋がっています。このハムストリングスは『半腱様筋』『半膜様筋』『大腿二頭筋』という筋肉から構成されます。これらの筋肉は太ももの後ろ全般を覆う大きい筋肉になります。この中でも大腿二頭筋は骨盤(座骨)~膝まで付着する縦長い筋肉です。そのため、機能紹介した『広背筋』と同様にこの筋肉が硬くなることで姿勢に影響を与えます。この筋肉は骨盤から下に付着しているため、骨盤を後傾する方向に作用します。
広背筋や骨盤の前傾・後傾に関してはこちらの記事を参照ください。
また、ハムストリングスは膝を曲げる筋肉でもあります。そのため、この筋肉が硬くなると膝が伸びにくくなることもあります。

このため、大腿二頭筋が硬くなると

  • 尖足
  • 骨盤後傾→車いすからずり落ちる危険性増大
  • 膝が伸びにくくなる→オムツを変えにくくなる、歩きにくくなる

大腿二頭筋は骨盤から膝まで付着する大きく、長い筋肉であるためその影響も多岐に渡ります。この筋肉をマッサージすることはお子さんのケアにも非常に重要な役割を果たします。
また、骨盤が後傾方向に引っ張られることで腰痛の原因になったり、膝痛の原因になることもあるため、ご家族の健康にもケアの必要性が高い筋肉です。

【ハムストリングスの位置 半腱様筋、半膜様筋】
太ももの後面、特に内側に位置する二つの筋肉になります。この二つの筋肉も座骨~膝にかけて付着しているため、大腿二頭筋と同様に姿勢や膝が伸びにくくなるなどの影響を与える筋肉になります。

【ハムストリングスのマッサージ方法】
マッサージの強さは以前の記事で紹介しています。『豆腐がつぶれない』『障子がやぶれない』程度の優しい程度を推奨しています。決して、体重をかけて力づくで押したりすることはやめてください。
このハムストリングスのマッサージをする際は、車いすに座っている時やうつ伏せになっているときなど、膝が軽く曲がり、お子さんが安楽な姿勢になっているときに行うことが好ましいです。仰向けの時は膝を伸ばす方向に力が加わりやすいため、不快な反応となりやすいかもしれません(工夫が必要です)
ハムストリングスは縦に長い筋肉です。まずは、左右に筋肉を横切るように優しくマッサージを行ってみてください。※前回の記事でもお伝えしていますが、実施される場合はリハビリ担当者や医師に確認後にお願いします。

【お尻の筋肉、大殿筋】

img_5254 大殿筋は名前の通り、お尻の筋肉です。骨盤から太ももにかけて付着しています。この筋肉は昨日紹介した『広背筋』や『腰周囲の筋肉』と繋がっています。そのため、お尻の筋肉である『大殿筋』が硬くなることで『広背筋』も硬くなる可能性があります。
また、立っている姿勢や歩いている姿勢にも大きく影響を与える筋肉の1つでもあります。この筋肉が弱くなることで腰痛や膝痛の原因にもなります。そのため、ご家族に腰痛や膝痛が生じている方は広背筋や大殿筋を柔らかくすることに加えて、大殿筋の筋力を強化する必要もあります。筋力を強化する方法に関しては今後ブログや違う媒体を使用しての情報発信を検討しています。

【大殿筋のマッサージ方法】
お尻の筋肉であるため、仰向きでは実施が難しいです。うつ伏せや横向きになっての実施になります。仰向けでは大殿筋のストレッチを行うことが可能ですが、脳性麻痺児者の場合、仰向けでのストレッチは不快な刺激になる可能性が高いと考えます。
また、車いす乗車時間が長い方の場合、大殿筋が過度に硬い・もしくは痛みが生じやすい場合があります。優しいマッサージはもちろんですが、細心の注意が必要です。自分なりに優しいマッサージを実施しているつもりでも、本人にとっては不快な刺激になることもあります。泣いたり、顔をしかめたりするような仕草が見られる場合はさする程度のマッサージから始めることも必要になります。

【まとめ】

本日はハムストリングスと大殿筋について説明しました。今回説明した二つの筋肉は姿勢に与える影響が大きく、重要な筋肉になります。また、身体の後面にあるため、マッサージがしにくい筋肉です。私が行っているマッサージ教室では上記のような知識に加えて、実技も行っていますので興味を持たれた方は是非ご参加ください。

【筆者自己紹介】

2013年理学療法士免許取得。その後、上田法・ドイツ筋骨格医学会日本アカデミー・PNFなどの知識や技術を勉強しています。現在は兵庫県尼崎市にて子どもと親のマッサージ教室を開催。

プロフィール

健康相談お兄さん。

子どもから大人まで、しょうがいの有無を問わずに対応。

『生まれてから死ぬまで豊かに生活できるまちづくり』を目指す。

質問や相談、お仕事の依頼はこちらからお気軽に♪♪

友だち追加

YouTubeでストレッチ動画を投稿しています(^^)/